置き換えダイエットするべき期間はどのくらい?効果を感じたら止めて良い?

置き換えダイエットを1度はしたことがある方って結構多いと思います。

 

でも、やめ時がいまいちわからなかったり目標体重になってすぐに普通の食事に戻してしまいリバウンドなんてことも...

 

置き換えダイエットは効果が出やすいダイエット法ではありますが、リバウンドしやすいのも事実。

 

置き換えダイエットはいつ頃から効果が出るの?
やるべき期間はどのらい?
どうやってやめるの??

 

これらの疑問について調べてみました!

 

 

<効果が出るのは割とすぐでも...>
食事に置き換えて摂取カロリーをグッと減らすので体重が落ちだすのは結構早いです。1番カロリー摂取量が多くなる夕飯に置き換えれば、1週間ほどで2?3キロ落ちるのも珍しくありません。

 

短期間で体重がみるみる落ちると、楽しくなってやる気もアップしますよね。

 

でも、ある期間になると停滞期がやってきます。1ヶ月後かもしれないし、もっと早いかもしれません。突然やってくるんです。

 

体重減少などの身体の異変を持ちなおそうと、元の状態に戻そうとする機能が働いてしまうためです。

 

食べ物をできるだけ栄養に変え、身体にため込んで基礎代謝を低下させ、エネルギーを消費させないようになります。身体が正常な証拠ではあるのですが、ダイエッターにとってこの停滞期はやる気が削がれてしまう嫌な時期ですよね。

 

でも、すっと続くわけではないのでここでくじけずに頑張りましょう!

 

今まで運動をせずに、置き換えダイエットのみをしていたのなら、軽い運動を取り入れてください。今まで運動をしてきた方は、運動量を増やしたりなどせず、そのまま続けるのが理想です。

 

停滞期は2週間?1ヶ月ほどで抜け出せることが多く、抜け出すころにはダイエットを初めて2ヶ月くらいですね。

 

その後、目標体重になれば万々歳ですが、そこで置き換えをやめてはいけないんです!

 

徐々に普通の食事に戻していく回復食がとても重要です。まず、おかゆやうどんなど消化しやすいものを食べてください。嬉しさと自分へのご褒美にドカッと食べたい気持ちもありますが、それが引き金になりかねません。

 

夕飯を置き換えていたのなら、夕飯はうどんにして昼食を置き換えるなど少しづつやめていくことでリバウンドを防ぎます。

 

これを1ヶ月ほどかけて身体をゆっくり慣らしていき、フェードアウトするようにダイエットは終了です。最低でも3ヶ月の期間は必要になりそうですね。

 

・最初はどんどん落ちるけど停滞期がやってくる!
・停滞期中も同じように置き換えをして+運動をして身体を動かす!
・目標体重になってからの回復食が重要!
・最短期間でも3ヶ月はかけてゆっくりと!

 

 

<置き換えダイエットの食品タイプ>

 

・シェイクタイプ
オルビスのプチシェイクやDHCのプロテインダイエットなどがそうです。比較的味の種類が豊富で飽きにくく、腹持ちが良いですが1食あたりの値段は少し高いです。

 

・青汁系
フルーツ青汁の粉末を豆乳で割って飲むとお腹に溜まりますが、シェイクに比べれば腹持ちは短いです。1杯あたりの値段が安く、美容成分などの栄養を一緒に摂取できます。モデルさんやタレントさんがよく飲んでいますね。

 

・食事系
こんにゃくラーメンやダイエット用玄米雑炊など、ダイエット中でも我慢せずに食べられることが魅力です。ストレスは少ないですが、1食分の値段は高めで、シェイクや青汁よりもカロリーは高いです。

 

様々なタイプがあるので、ダイエットの期間や、ライフスタイル合わせて選びたいですね。

 

 

<体重を維持する方法>

 

・酵素を摂取する
酵素には新陳代謝を促す働きがあります。胃腸の働きも良くなりますので便秘にも効果的です。美肌にも良いですし、疲労回復、免疫力向上などの働きもありますので摂取して損はないですね。

 

・体重計に毎日乗る
当たり前かもしれませんが毎日続けて意識することが大切です。+1.5キロまでなら許容範囲など、自分の中で制限を決めてあまり神経質にならないようにしましょう!

 

・習慣を作る
夜の19時以降は食べない、軽いストレッチを続ける、カロリーの確認をするなど毎日の習慣をつくりましょう!

 

少しのことが代謝アップや体重維持に繋がりますので、あまり気負いすぎずに日々意識してみましょう。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の解約が難しい?【解約の手順】